貸付ファンドのFunds(ファンズ)の特徴やメリットを解説します。

お申込みはこちら
文章

1. Funds(ファンズ)とは?

貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds(ファンズ)」は、さまざまな貸付ファンドに個人が少額から投資できるオンラインマーケットです。「コツコツと安定的に資産形成したい!」「忙しいので相場に振り回されたくない!」そんな方こそ貸付ファンドへの投資をはじめませんか?

引用:公式サイト

Funds(ファンズ)は、資産形成したい個人とお金を借りたい企業を結ぶ、国内初の貸付ファンドのオンラインマーケットです。第二種金融商品取引業者である株式会社クラウドポートが、オンライン上で投資家から資金を集め、各分野のプロであるファンド組成企業が企業にお金を貸すという仕組です。

予定利回りは1.5%~6%、投資額は1円からです。投資期間は4ヶ月~1年ぐらいなので、少額かつ短期で投資を始めてみたい初心者の方や、分配金を効率よく再投資したい方などにおすすめです。

Fundsでは、ひとつの口座で「国内不動産」「事業者貸付」「マイクロファイナンス」「リース」などの様々なテーマの貸付ファンドに分散投資ができます。

貸付ファンドのFunds(ファンズ)の基本情報

サイト名 Funds
運営会社名 株式会社クラウドポート
本社所在地 東京都港区西麻布3-2-1 北辰ビル 7F
設立 2016年
資本金 5億1800万5000円
サービス開始年月 2019年1月
参考利回り 1.5%~6%
投資金額 1円から
累計応募金額 8億8,486万円
運用期間 4ヶ月~12ヶ月程度

Fundsのメリット

  1. 予定利回りは1.5%~6%。1円単位で投資できるので複利運用も可能
  2. ファンド組成企業は上場企業など
  3. 会員登録や口座維持手数料などの手数料が無料

予定利回りは1.5%~6%。1円単位で投資できるので複利運用も可能

Fundsは、予定利回り1.5~6%の貸付ファンドを扱うオンラインマーケットです。

Fundsは、資産形成をしたい個人とお金を借りたい企業を結ぶ、国内初「貸付ファンド」のオンラインマーケットです。第二種金融商品取引業者の株式会社クラウドポートが、オンライン上で投資家から資金を集め、各分野のプロであるファンド組成企業が借りて企業にお金を貸すという仕組みです。

投資家は、1口1円単位・4ヶ月~1年程度の短期で投資を始めることが可能なので、初心者の方でも気軽に始めることができます。また、利回りは1.5%~6%と、個人向け国債(0.1%~1.2%)よりも高い利回りを目指しつつ、現状のソーシャルレンディング(5~12%)よりリスクが抑えられるような企業を対象としていますので、ミドルリスク・ミドルリターンの投資です。

不動産やマイクロファイナンスなど様々なファンドに分散投資が可能

Fundsでは、ひとつの口座で「国内不動産」「事業者貸付」「マイクロファイナンス」「リース」など様々なテーマの貸付ファンドやファンド組成企業ごとに簡単に分散投資ができます。

会員登録や口座維持手数料などの手数料が無料

Fundsでは、会員登録手数料・口座開設手数料・口座維持管理手数料・ファンド申込手数料、出金手数料などがすべて無料です。

手数料 金額
会員登録の手数料 無料(0円)
口座開設の手数料 無料(0円)
口座管理の手数料 無料(0円)
ファンド申込時の手数料 無料(0円)
投資口座への振込手数料 投資家が負担
払戻しの手数料 無料(0円)

貸付ファンドのFunds(ファンズ)の口座開設の流れ

  1. 口座開設のお申し込み
  2. マイナンバーをアップロード
  3. ウェルカムレターの受け取り
  4. 口座開設完了

口座開設のお申し込み

口座開設には、お名前やご住所、出金時の振り込み先を登録することが必要です。

マイナンバーをアップロード

マイナンバーの書類がない場合、マイナンバーの提出をスキップして先に進むことができますが、口座開設完了後には必ずマイナンバーの提出が必要です。

ウェルカムレターの受け取り

口座開設の内容が確認でき次第、本人住所確認のための簡易書留が送られてきます。

口座開設が完了

口座開設が完了です。